DODより新しい焚火台『めちゃもえファイヤー』が登場!その魅力に迫る!

DODより焚火台の新作『めちゃもえファイヤー』が登場したので、その特徴をお伝えしたいと思います。

MECHA MOE FIRE

(出典:DOD公式HP)

特徴は…二次燃焼の炎を楽しむことができ、燃焼効率も高いこと!

MECHA MOE FIRE

MECHA MOE FIRE

(出典:DOD公式HP)

何といっても一番のポイントは、通常の焚き火では見ることのできない二次燃焼の炎がきれいに見えること!

上の図のように空気の流れを二層に分ける特殊構造になっていて、取り込んだ空気は一次燃焼の熱で熱せられた壁面の中を通り、上部で可燃性ガスに吹き付けられることで、二次燃焼を引き起こすという仕組み。

煙として排出される可燃性ガスを二次燃焼として燃焼させるので燃焼効率が高く、少しの薪で大きな炎を楽しむことができます。

また、通常の焚き火と比べて煙が少ないという特徴があるので、小さな子どもがいる場合でも安心して焚火を楽しめます。

二次燃焼のサインである青い炎が40㎝ほど並んでいる…これはさぞ綺麗なことでしょう。

主な仕様・サイズ感は?

MECHA MOE FIRE

サイズ焚き火台:(約)W43×D14×H24cm※取っ手を含まず
テーブル:(約)W45×D16.5×H13cm
収納サイズ(約)W45×D19×H25cm
重量(付属品含む)(約)7.7kg
適合荷重テーブル耐荷重10kg
材質本体:ステンレススチール
テーブル:スチール(高耐熱塗装) 
キャリーバッグ:600Dポリエステル
付属品テーブル、キャリーバッグ

(出典:DOD公式HP)

上の図のように付属のテーブルの上に焚火台を置く仕様。
短く切った薪をテンポよく追加して青い火を楽しむのが王道的な使い方ではないでしょうか?

ちなみに、二次燃焼の効率が良く火が結構上へ上がってくるので、調理にはちょっと不向きかもしれません。
ただ、調理ができないということではありませんが、調理用としては、ソロやデュオくらいに向いているサイズ感です。
また、注意点としては、薄型の形状からわかるようにあまり重い鍋などは置かないほうが安全です。
串に刺したマシュマロを焼く程度で考えた方が無難かもしれません。

そして、この重量を考えると徒歩や自転車キャンパーさんにとっては少し携行性に難を感じるかもしれません。

最後に…

今回は、ありそうであまりない二次燃焼が楽しめるDODの焚火台『めちゃもえファイヤー』をご紹介しました。
二次燃焼で綺麗な炎が楽しめるというのは非常に魅力ですよね?
少ない薪で燃焼効率の高い焚き火が楽しめ、しっかり燃焼するので、撤収時の灰捨てが楽になるのもキャンパーにとっては地味にうれしいです。

それではまた^^