おすすめ!モンベル『アルパインケトル 0.9L』

今回は、mont-bell(モンベル)の『アルパインケトル 0.9L』を紹介したいと思います。

alpine kettle
【素材】本体:アルミニウム[ハードアナダイズド加工]
    ハンドルカバー:シリコーン
【重量】207g(234g) ※()内はスタッフバッグを含む総重量
【サイズ】φ16.0×9.0cm
【容量】0.9L
【価格】¥2,200+税
【備考】IHは使用不可

他に0.6Lサイズもありますが、ファミキャン利用の私は0.9Lをチョイス。
ソロキャンであれば0.6Lがちょうと良いサイズ感だと思います。

では、家の中で普段使いしている中で感じた点を書いていきたいと思います。

良い点

アルミ製ということで熱伝導がよく、薄く広い形状の為、お湯の沸騰が早い!
非常に軽量なので扱いやすい!(キャンプでも持ち運びやすい!)
取っ手を立てた状態で固定できるので使用中に倒れることなく安全かつ便利!
注ぎやすい形状
alpine kettle
通気性の高いメッシュの収納袋付き!
alpine kettle
落ち着いた濃いグレーの本体に黄色いシリコーンラバーのアクセントがオシャレ!

少し残念な点

取っ手にシリコーンラバーが付いているものの、素手で持つと熱い
沸かしたお湯を注ぐ際、フタにある蒸気孔から出る湯気が手にあたり火傷しそうになるので注意が必要
alpine kettle

こんな感じでしょうか。
取っ手に関しては、私の場合、毎回鍋つかみかタオルを使用して対処しています。
もう少し熱くならない工夫があれると良いのですが、全体的には大変満足のいくケトルだと思います。

スタッキング例

あと、良い点としては、同メイカーの『アルパインクッカー16』にピッタリ収まるので、キャンプに持ち運ぶ際にはコンパクトになって便利です。
alpine kettle

最後に…

余談ですが、このケトルには、「ハードアナダイズド加工」という表面に硬質の酸化皮膜を作る加工が施されていて、耐食と耐摩耗性に優れているため、永く愛用できるのですが、一度空焚きしてしまい写真のように汚れのような模様が出来てしまいました…。
alpine kettlealpine kettle

空焚き以前は、頻繁に使用していても下の写真のようにきれいな状態を保っていたのに涙。
alpine kettle

皆さんは大丈夫だと思いますが、空焚き一回でこのような悲しい見た目になってしまうので、反面教師としてお気をつけください…。

いかがでしたでしょうか。
モンベルの『アルパインケトル 0.9L』を紹介させていただきました。
今度は、今回少し紹介した『アルパインクッカー16+18』のレビューもしたいと思います。

ではまた^^